原因を探り、適した治療法とケアをしよう

頭頂部の禿げの場合は、男性型脱毛症である確率は極めて高いと言えます。

その場合、有効な薬品などはあるのですが、その前に原因と対策をシッカリ考えてヘアケアや、生活習慣を見直す事から始めましょう。

まずは自分自身で前準備として、薬や育毛剤が最も効果を発揮出来る下地作りをしておくと言う事です。

それを習慣とし、健全な状態にしてから適した治療法を考えることがベストです。

何故なら、消去法で治療前に充分な対策を取ることで、よりピンポイントで自分自身の禿げの原因が判り、治療もピンポイントで選択でき、無駄をなくす事が出来るからです。

禿げの治療は生半可なものではありません。

まず育毛剤や薬品は効果である事、育毛剤などは安くても4~5000千円、高ければ1万5000千円を超える場合もあります。

更に、長期的視野で使用する必要があります。

一般的に抜毛が減ったなぁと実感出来るのに3ケ月かかります。

増毛や発毛を実感出来るのは個人差はあるものの、多くは約半年から、1年は覚悟する必要があるのです。

加えて、ある程度治っても、使い続けなければリバウンドする可能性があります。

頻度は少なくしたとしても、基本的にはかなりの長期に亘って使用しなければ完全な治療にならないのです。

よって、限りなく治療前に全てを把握して、限りなくピンポイントでの治療法を選択出来る様にしておかなければ費用的にも継続する事が困難になるのです。

全額返金保証制度のある育毛剤などは多いですが、どれも1ケ月から45日程度で、抜毛が減ったなぁと実感出来る日数分ですら試す期間がありません。

その為、返金保証期間中に実感出来る事は稀で、その後もある程度は使い続けないと効くか効かないかの判断をする事はまず出来ないと言って良いでしょう。

それ以前に判断すると言う事になると、育毛剤に関してはほぼ全滅と言って良いと思います。

結局は返金保証制度期間を超えて使用してみないと、真に自分に合う育毛剤は見付けられないのです。

その為にも、治療を始める前に充分な判断材料を以て、ある種の賭けに出るしか方法が無いのです。

少しでも早く育毛剤や、薬品を使用したい気持ちは判りますが、前準備はやり過ぎて、やり過ぎと言う事は、こと育毛に関してはあり得ないのです。

ヘアケア、髪の毛や頭皮に気を遣う、生活習慣や自分自身の健康状態もキチンと把握して、そこも治していく事が禿げの治療の大きな第一歩です。

まずは、そのことをシッカリ念頭に入れて、日々何をして、何をすると駄目なのか、髪の毛の為の習慣を計画的にキチンと身に付けておきましょう。

育毛剤 M字ハゲ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>